FE88-Sol キット バックロード

■Z700-FE88Sol (限定販売)■


■Z700-FE88Sol キット■購入ページへ

 

 

■Z700-FE88Sol(S)完成品■購入ページへ

 

 

 

■Z700-FE88Sol 特徴

2016年に販売した弊社のフラッグシップモデルであるZ1000-FE108Solとそれをキット化したモデルがZ700-FE108Solでしたが、両モデルとも大変好評をいただきお客様から感謝のメールをたくさんいただきました。

Z700-FE88Solは好評をいただきましたZ700-FE108Solの良い所は引き継ぎ、更に進化させてFE-88Solのユニットの性格に合わせ徹底した音作りを施し完成致しました。

Z700-FE108Solからの変更点は以下の通りとなります。

(1)外寸は音道幅のみ20mm縮小
(2)内部基本音道構造は基本踏襲、部分的に僅かに変更
(3)開口部分は大幅にサイズを拡大して、桟での低域調整幅を大きくした
(4)開口面積アップに伴う中域の癖を処理するために音道の一部にフェルトを利用

 

Z700-FE108で好評だった中低音のバランスを維持しつつ、8.5cmという小口径ユニットならではの定位感。フルレンジのバックロードホーンによる鮮烈な中高域。クオリティーのより高い低域を実現しました。

 

 

■(1)FE88-Sol専用設計の限定生産箱■

Fostex社の限定ユニットFE88-Solに合わせた専用設計です。
8.5センチユニットのポテンシャルを余すことなく引き出しました。

 

 

■(2)組み立て易い「ダボ・ホゾ」のプレ加工

プレ加工済みの各パーツは、スピーカー製作の中でも難易度が高いと言われるバックロードホーンであっても容易に組む事ができます。(完成品Sバージョンは4tプレス機による圧着を行うためダボは一部しか利用していません)

 

 

■(3)点音源を意識したスピーカーユニット配置■

ユニットまわりのバフル面積の最適化を計り抜群の定位感、量感を両立しました。
スピーカーユニットの取付は鬼目ナットの下穴があけてありますのでユニットの取付は簡単です。(鬼目ナットとボルトも付属します)

 

 

■(4)付属の桟によって低域から中域の量感を3段階調整可能■

本体と同じ材質の低音調整用の桟を標準でセット。
3段階のポート開口面積により、低音の量感を調整できます。

 

 

■(5)オリジナリティあふれる音道設計■

常識にとらわれない音道設計
音道の一部に吸音材を入れるなど、従来のバックロードホーンスピーカーとは一線を画する音質を実現しました。

 

 

■(6)音ヌケのよい様々な工夫■

剛性と、スピーカーユニット背圧を余す事無くポートに届ける為に、各重要なポイントに桟を入れています。

 

 

■(7)フィンランドバーチ材を全面的に使用■

高級スピーカーでも採用されるフィンランドバーチ材を惜しみなく投入。
高剛性で比較的比重は重く、合板ならではのクセの少ない材質は広いジャンルの
楽曲とマッチし、美しい響きはエージングにより進化します。

 

■(8)上級グレードと同じ高級ターミナルを採用■

音工房Zの製品のラインナップの中でも上級グレード
のものに使用されるものと同じ高級ターミナルを採用。
ターミナル板はフィンランドバーチ材を使ったオリジナル仕様です

 

■(9)完成品Sバージョンは「ブラウン色」「ナチュラル色」「塗装なし」より選択できます■

写真左ーブラウン色。写真右ーナチュラル色。
※ナチュラル色は木口抜け部分のパテ処理部分が若干目立つ場合がありますので、気になる方はブラウン色をオススメします。

■試聴会参加者様のお声

 

2018年2月17日に行いました試聴会参加者様から頂戴しましたレビューです。
試聴会時に利用したスピーカーは試作版(パーチクルボード)による評価です。
商品評価は試聴会参加者様の主観的なご感想ですので、全ての人が同じように感じるとは限りません。

Y様

「FE88Solはボーカルの声、ギターやベースの弦の音、ドラムのアタック音など一つ一つの音がとてもリアルで3台の中で一番生演奏の音に近いのではないかと思いました」

 

音工房Z様の試聴会に参加するのはこれで通算5回目、Z1000-Fe108Solが初めて、その後Z700-108Sol、Z601-FE83Sol、Z800-FW168HRSと新しい商品の試聴会が案内されるたびに伺って場違いな音楽をかけさせていただいております。
今回は特に新製品の案内のない中、先日の試聴会で聴いたZ800-FW168HRSが自分が音工房Z様と出会うきっかけになったZ800-FW168HRのキットとの出音の違いを先確認するために伺いました。
他の方が聴かれる音楽がどのようなものかも楽しみの一つなのでそれを期待しながら試聴会場に入るとZ1000-108Sol、Z800-FW168HRS、Z600-Modenaの横に見たことのないスピーカーにいかにも試作です、といった感じの箱のスピーカーがありました。
形状はZ1000-Fe108Solを一回り小さくしたような感じで開発中のバックロードなのかな、思いました。
大山様のあいさつから始まった試聴会でそれがフォステクスの限定モデルFE88Solを使ったキットの試作と知り一気に興味が湧いてきました。
早速そのキットの試聴が始まりました。
自分の中で勝手に同じブランド、ラインナップのユニットであれば小さいほど高音寄り、大きいほど低音よりの音が出ると思っていたので自分の愛用機であるZ1000-Fe108Solがハイあがりなのできっとそれよりもさらに高音がきついのではと思っていたのですが実際の音は全くその反対でZ1000-Fe108Solのたまに気になる高音のきつさが全くなくフラットな感じの音にしっかりとした中低音が感じられ、その中にバックロードならではのフルレンジ一発のギターやボーカルのリアル感があり、気が付くとこれはいつ発売されるのだろう、Fe88Solは限定品だったのでユニットはまだあるのだろうか、という方向に思考が及んでしまっておりました。
その質問はもちろん大山様に伺い当日は発売するかどうかははっきりとお答えいただかなかったのですがユニットはまだ売り切れてなく在庫があるとのことでした。
その時にFe208-Solがかなりのハイ上がりでバランスを取るために箱作りにかなり苦労をされているというお話も聞き、そのスピーカーが制作されたらぜひ聴いてみたいと思ったのですが、きっとうちの狭いリスニングルームには収まりきらないサイズになるのではと思い、それ以上深くは伺いませんでした。
他の方が順次試聴をされていく中でもFE88Solを使ったスピーカーはしっかりとした個性を出していて、ボーカルやドラムのハイハットのキレがしっかりとして高音まできっちり聴かせるZ1000-Fe108Sol、厚みのある中低音に上品な高音がのるZ800-FW168HRS、全体がフラットで1音1音をはっきり聴かせるFE88Solキットといった印象を受けました。
そのうち自分の普段聴いているCDをかけられる順番が来ました。
早速何度となく聴き尽くした音楽を聴くとそれまでなんとなく感じでいた印象はかなり確信に変わりました。
3機のスピーカーを順次切り替えながら試聴しましたがFE88Solはボーカルの声、ギターやベースの弦の音、ドラムのアタック音など一つ一つの音がとてもリアルで3台の中で一番生演奏の音に近いのではないかと思いました。低音の迫力も充分にあり、バックロードを知り尽くした大山様の箱作りが生きているのではと思いました。
また重低音に関してはZ1000-Fe108Solにも付属していた淺をキットに含まれるようでそれを縦、横、外すと3段階で出口の開口部を調整できるようになっていて視聴室では横にして取り付けた時の音がバランスよく感じました。
また調整淺は聴く環境、音楽のジャンル、音の大きさでバランスが全く変わってきますのでワンタッチで調整できるのはユーザー側の立場からするとありがたいシステムだと思いました。
音全体のイメージとしてはZ700-Fe108Solを最初に聴いた時の印象に一番近いように思いました。
しいて言えばフォステクスのFE系に耳が慣れている方には高音の物足りなさを感じる可能性もありますがそこはZ501スーパーツイーターを載せて解決できるのではと思いました。
実は試聴会の場にもZ501スーパーツイーターは置いてあり、すぐにセットしていただける環境にあったのですが自分の順番が来た時にそのことをすっかり忘れていたのが今となっては心残りです。
Z501スーパーツイーターはリボンツイーターにウッドホーンなので市販のホーンツイーターのような金属特有の鳴りもなくZ800-FW168HRにもとても相性が良いのですがFe88Solのキットにも合うのではないかと思いました。
ただスーパーツイーターはコンデンサーをいくつにするか、同相にするか、逆相にするか、置く位置、角度などによっても付加される音、キャンセリングされて減衰する音の周波数が変わってくるのでやりだすときりがなくなりますので購入後、自宅で腰を据えてやることにして楽しみを取っておいたことにしておきましょう。
まだ試作のパーティクルボードで作成された物であるためか、タイトボンドでなくねじ止めされた状態の箱であることによるためか、音全体は他のスピーカーに比べると少し硬い印象を受けましたが大山様のことですのできっと発売されるまでの間に木材の種類、厚み、音道の微調整、フェルトやミクロンウールなど様々の知識でチューニングされてキット化されることかと思います。
また、もしかするとFe88Solのユニットそのものが新しいためにそういった印象を受けたのかもしれません。
販売価格がわからないので即決できませんが発売されれば案内当日にカートに入れてしまいそうです。笑

 

Y様

「音工房Zさんのスピーカー全般に謂えますが、自作用にせよ完成品にせよ、想像の範疇を超える調律具合です。」

今回試聴させていただいた、88sol仕様の音工房Z試作機のインプレッションです。

 思う存分、試聴した訳ではないのですが、Z-1000の出音が、妖艶な魔力をもつかのような熟女だとすれば、今回の試作機は水をはじく健康的な肌の明るい若い女性かの如く、癖の無い、明るい出音に感じました(笑)。

 ユニットの口径も駆動力も108solほどは88solにはありませんから、艶のあるZ-1000のような想像だに出来ない程の妖艶な低音再生能力こそありませんが、とても贅沢かもしれませんが、居室に置いて音楽三昧をする、朝から晩までつけっぱなしの音源でイージーリスニングに供する、ソファーやデスクチェアーのリスニングポイントにユニットのある試作機、聴き疲れなく、気持ちのよい時間が過ごせそうです。

 音工房Zさんのスピーカー全般に謂えますが、自作用にせよ完成品にせよ、想像の範疇を超える調律具合です。ここまで可搬可能で原音再生能力を磨き抜いた製品を他に私は知りません。ことにBHBSは従来の、故、長岡鉄男卿によるバックロードホーンや他の自作用や完成品で販売されているスピーカー群とは異なり、或る意味異質ともいえる、全く破綻の無い、それこそモニターとして使えるほどの調律具合です。オーディオマニアや音源制作者なら是非一度、試聴会に足をお運びになられる事をお勧めします。
商品の改善点  :先日はありがとうございました。草加、南越谷のBAR巡りなどと相俟っていつも楽しみにしております(笑)とても充実した一日を過ごさせていただきました。またの機会を愉しみにしております。遊びに行きたいくらいです(笑)

 

H 様

 

「音色は低音域の抜けが良く、中域~高音域にかけてはクリアなサウンドとなっており、クラシック、ジャズ、女性ボーカルのお好きな方にはお勧めです。」

Z700はトール型バックロードホーン構造のエンクロージャーで同軸タイプの小型スピーカーユニットが装着され、定位の安定感がこのクラスのスピーカーとしては非常に高い仕上がりとなっています。音色は低音域の抜けが良く、中域~高音域にかけてはクリアなサウンドとなっており、クラシック、ジャズ、女性ボーカルのお好きな方にはお勧めです。また、ホームシアター用として、臨場感、迫力あるサウンドが楽しめそうなスピーカーです。音楽を聴くなら管球アンプ、映画を見るならAVアンプを繋げてマルチチャンネルで聴いたらベストではないでしょうか。新製品のZ800との比較試聴においては音の量感、厚みはありませんでしたが、Z700は非常にバランスの良い、コストパフォーマンスが高いスピーカーです。
商品の改善点  :キットのみではなく、完成品の販売、そして、ホームシアター用として、サブウーファーもラインナップに加え、5.1ch or 7.1chも検討して頂きたいです。

 

K様

「クラシックやジャズはもちろんのこと、現代のポップスやロックでもいい感じに表現してくれました。」

2018年2月17日の試聴会での感想になります。
その日の数日前に他店にて3種類ほどFE-88sol用のバックロードホーンのエンクロージャーを試聴してきてからの試聴会だったのですが、Z700-FE88solの圧勝でした。同じ環境での聴き比べではないので厳密なレビューはできませんがZ700-FE88solを聞いた時は、おぉここまでできるのか、この前聞いた3台よりもぜんぜんいい感じだ!これて十分だ!と思いまいました。唯一Z700-FE88solだけが感動しました。クラシックやジャズはもちろんのこと、現代のポップスやロックでもいい感じに表現してくれました。気になっていた低音の量感も特に不満はなかったのですが、強いて言えばもうちょっとタイトでパンチのある感じにならないかなと思いました。チューニングでどうにかなるのでしょうか?バーチ材を使用したZ700-FE88solなら理想的な低音になる気がしています。

 

K様

「試作のZ700-FE88Solの音を試聴し音質はZ1000の高域を少し滑らかにし、粒立ちの良い音ですね」

2月17日に試聴会に伺ったものです。
  最初にFW168HRSV3の音ですが、以前のバッフル形状を改善し、少し中低音のユニットを前にした効果が音質に表れていましたね、低い音から中音~高音かけて音のつながりが良くなったと同時に中低音のヌケが良くなり音に透明性が出ていました。(ネットワークはムンドルフ)

  私も長年音響関係の仕事をしてきた関係で当時このスピーカーでしたらモニターに使っていたと思います。 私ごとですが、中高音を明瞭にすれば中低音に問題が出る(周波数により波長が違う為、音の遅れ等が生じる)事は解決できず結論として現在は3チャンネルアンプにたどり着きましたが、永遠のテーマです。・・・
  もし私がFW168HRSV3を手に入れたとしたらチャンネルアンプで使用したみたいです。

試作のZ700FE88SO1の音を試聴し音質はZ1000の高域を少し滑らかにし、粒立ちの良い音ですね、低い方も良く伸びているという印象でした。BHの開口部から中域が少し出ているようですが、それが全体の音のまとまりにつながっているような気がします。8㎝のユニットでここまで音がまとまるのはFE-88SO1の素性がいいのですね、

 

N様

  「個人的には③(Z700-FE88Sol)が最も気に入りました。他の二機種と比較すると低域では不利なものの、そのハンディを覆す再生音の自然さ、素直さ、延びやかさ、心地良さでは最も秀でていたように感じました。」

 

17日は視聴会へ参加させていただきまして、ありがとうございました。初めて参加いたしましたが、ご用意いただいた音源の機種毎の再生音比較、各参加者の方々が持ち寄った多様な音源の再生音比較はとても参考になりました。
  当日は主に三機種のスピーカーの比較でした。(①Z-800-FW168HRS-V3、②Z-700-FE108SOL、③Z-700-FE88SOL)
  個人的には③が最も気に入りました。他の二機種と比較すると低域では不利なものの、そのハンディを覆す再生音の自然さ、素直さ、延びやかさ、心地良さでは最も秀でていたように感じました。パーティクルボード剥き出しの試作機外観から、これほど気持ち良く音楽が流れてくることに驚きました。

・考えられる要因
1. 正面バッフルの幅の狭さによる回析での有利さ
2. 上記に関連するキャビネット全体強度の高さによる箱鳴りの抑制
3. スピーカーユニット自体の特性
4. フルレンジユニット一発、バックロードホーン、ネットワーク無しの構成
5. 適切に工夫された音工房Z様がこれまでに蓄積されてきた最新のノウハウの体現

 現在検討中の機器もあるようですので、是非より良い再生音を追求し、その商品化をお願いします。
商品の改善点  :・スピーカーターミナルの設置位置が低いほうが、スピーカーケーブルを使用する際に安定すると感じました。

 

 

 

■Z700-FE88Sol 購入特典

 




大山へ直接メールによる相談することができます。
スピーカーの制作、塗装、音出し、セッティング等で
迷われたことがありましたらメールでご質問ください。
2営業日以内のご返信を心がけています。
(購入時メールサポート”希望する”をチェックしてください)

 



音工房Zの商品を購入したいただいたお客様だけが受け取ることができる”サポートメルマガ”を定期的に受け取ることができます。
サポートメルマガでは新商品の割引案内や、通常メルマガには書かない超レアな木工動画、塗装動画、オーディオ動画を配信予定です。

過去のものは全て閲覧することが可能です。配信は月1程度で内容は変更になる場合があります
(購入時メールサポート”希望する”をチェックしてください)



Zユーザー様は過去配信のサポートメールの重要な部分を
まとめた「サポートページ」にアクセスできます。
↓↓は過去配信の一覧です。
(■は動画●はPDF及びHTMLです)

■2000円で自作クランプ10本を作る方法
■ゴム系接着材と白いボンドの違い
■綺麗に小口テープを貼る方法
■オーディオケーブルを苦労せず、かつ綺麗に被膜をむく道具
■ファストン端子を専用道具を使って正しく圧着する方法)
■板と板を100%直角に接着する極意
■側板接着時に仮止め釘を利用してプロ級の 仕上がりを実現する方法
■クランプを買えない人必見!!100円ショップでも売っ ている◯◯を使って強力接着する方法
■8センチ~16センチ用ユニット位置決め用テンプレート
■ビス留め後にダボ穴を埋めて綺麗に見せる方法(前半)
■ビス留め後にダボ穴を埋めて綺麗に見せる方法(後半)
■トリマーを使ってはみだした凸凹をいっきに平にする方法
■板を滑らずに真平らに接着する!! 驚異の大山式3ステップ接着法
■短いクランプを長くするウルトラテク、他木工小ネタ3連発
●2011年から配信している音工房Zのメルマガの過去ログを全て閲覧可能
●鬼目・爪付きナットを利用するときに便利なユニット穴あけテンプレート
●オーディオマニア向け!!CDの傷を治して音飛びを治す方法
●2013年ステレオ誌スキャンスピークスを使ったバックロードホーン図面
●ユーザー様が閲覧できる豊富なFAQ

        

(サービス希望 の方は申し込みページの”サポートメール希望する”
にチェックを必ず いれてください。)

 

スピーカー自作初心者でも安心して組めるように、写真入りの詳しい組み立て方法を書いた「Z700系製作レポート」と、Z700に付属の桟や、吸音材の効果など、細かい使いこなしまでを徹底サポートする「Z700系使いこなしレポート」をプレゼントします。

 

  

 

現在6,980円で販売している木工塗装の動画セミナーZ200を特典として 無料でプレゼントいたします。(キットのみの特典です)
Z200シリーズについて詳しくはこちらをごらんください。

 

 


※キットのみの同時購入割引による特典です

現在6980円で販売している木工塗装動画セミナーZ201を、Z700-FE88Solとの同時購入に限り+1980円でご提供いたします。(キットのみの特典です)
Z200シリーズについて詳しくはこちらをごらんください。

写真はイメージです。DVDではありませんのでご注意ください。お客様のPC、スマートフォン等で動画をストリーミング試聴していただく商品です。

 

※キットのみの同時購入割引による特典です

現在7,980円で販売している木工塗装動画セミナーZ202をZ700-FE88Solとの同時購入に限り+1,980円でご提供いたします。
Z200シリーズについて詳しくはこちらをごらんください。
<商品発送完了時のメールで動画閲覧先URLとパスをお知らせします>

写真はイメージです。DVDではありませんのでご注意ください。お客様のPC、スマートフォン等で動画をストリーミング試聴していただく商品です。

 

※キットのみの同時購入割引による特典です

※本商品を購入してくれた方だけが購入できる突板を綺麗に貼るための動画セミナーです。キットに+1,980円でご提供いたします。

お客様のPC、スマートフォン等で動画をストリーミング試聴していただく商品です。突板自体やボンドはお客様でご用意をお願いいたします。(オススメの突板屋さんやボンドは別途お伝えいたします。)

 

※キットのみの同時購入割引による特典です

スピーカーを組む時にあると完全接着が可能なZのオリジナルクランプZ203定価4,980円(送料1200円)のところを本商品との同時購入に限り2,480円(送料0円)でご提供!!

音工房Z特製Z203クランプを特別価格で提供します。

更に今回のバックロードホーンモデル用に、スピーカーBOXと同時購入に限り、通常のクランプセットより 1セット多いですがお値段そのままです。クランプは今回より全ねじ・ナット・ワッシャーが全て付属する改訂を行いました。

 

※完成品Sのみの同時オプション購入が可能です

 

①サランネットペア(+5000円)

マグネットで吸着が可能です。

②サブバフル(+5000円)
取り外して御利用も可能です。

 

②20時間エージングオプション(+3000円)

ユニットの エージング不要で楽しめます。

■Z700-FE88Sol  動画■

 

 

 

■Z700-FE88Sol  仕様■

ユニット   Fostex FE-88Sol
周波数特性   50Hz~30kHz
定格入力    15W(NOM.10W)
インピーダンス  8Ω
寸法      幅190mm×高さ900mm×奥行き297mm(木材部分のみ)
重さ 片ch 約14Kg (ユニット・調整桟込み)
ターミナル   独立型高級ターミナル端子(バナナプラグ対応)
内部配線    OFCケーブル
エンクロージャー形式   オリジナルバックロードホーン型
エンクロージャー材  フィンランドーバーチベニヤ15mm

完成品の塗装 ウレタンつや消し塗装、キットは塗装はしてありません。

 

自作スピーカーは今までしたことが一度もありません。組み立てるのは難しいですか?

各パーツにダボ・ホゾプレ加工をしている為、初心者でも安心して組み立てられます。組み立ての詳細を書いたPDFレポート等もご用意いたしております。

 

スピーカーユニットなしでの販売は可能でしょうか?

はい。ユニット不要も可能です。購入時にオプションでFE88Sol不要をご選択ください(スピーカーユニットは弊社のストックがなくなりましたら完売になります。)

 

 

送料はいくらかかりますか?

全国一律1800円になります。(沖縄・離島は別途かかります。)

 

返品は可能ですか?
輸送中の事故、精度不良などは当方で対応させていただきます。
 以下のものは返品・交換・返金の対象になりません。

★板のそり、木口の色合いの違い、突き板の継ぎ目などがあること
★主観的な音に関わること   
★バーチベニヤには補修のパッチがある場合があります(写真1)。バーチベニヤの木口には節に当たる部分が焦げていたり、一部抜けていることがあります。(写真2)また木目方向に毛羽立ってしまう感じになる場合があります。(写真3)

 

 

■Z700-FE88Sol (キット) 

 

販売受付終了しました。

 

 

■Z700-FE88Sol (S) 完成品 

 

販売受付終了しました。