バックロードホーン

■現在音工房Zで販売しているバックロードホーンのラインナップ

 

■Z700-FE88Sol (限定生産)

■詳細ページ
販売ページ(キット)
販売ページ(完成品)

販売終了しました

■Z701-Modena

■詳細ページ
販売ページ(キット)
7/1までユーザー様・メルマガ読者様を対象に早期割引販売を行っています。

 ■簡単に自己紹介させてください

音工房Zの安達真と申します。
以前にインターネットで大山美樹音(おおやまみきお)というペンネームを使っていたので、現在もそのまま使っています。

 

私はこの仕事を始める前まではオーディオは単なる趣味の1つでしかありませんでしたが、長岡鉄男先生の自作スピーカーとの出会いが私の人生を根底から変えてしまいました。

 

長岡先生のスピーカーはたくさん製作しましたが、最も感銘を受けたスピーカーがD101Sスーパースワンというバックロードホーン型スピーカーです。

 

ヘンテコな形状のスピーカーからでる音場感と定位感、そしてネットワークレスの鮮度の高さは市販のマルチウエイではあり得ないものだと感じました。長岡鉄男先生はお亡くなりになられてしまい実際に会うこともできませんでしたが、、、

 

私はこの長岡先生の意志を勝手に引き継ぎ自作スピーカーを研究するサイト「究極の自作スピーカー追求道」を初めたのが2004年、そして2009年から本格的にスピーカーやキットを販売する「音工房Z」をはじめさせていただきました。

幸い多くの方にご支持をいただき2018年2月時点で7000名を超えるユーザー様に弊社の商品を御利用いただき、コアなリピーター様に支えられ新作は発表と同時に大量のご注文をいただけるようになりました。

バックロードホーン型スピーカーとは

「バックロードホーンスピーカー(=バックローデッドホーンスピーカー)」という言葉を知らない方もいると思いますので、全く初めての方にも分かるように簡単に解説したいと思います。(ご存知の方は流して読んでいただけたらと思います)

 

まず、市販のマルチウエイ型スピーカーと比較すると分かりやすいと思いますのでイラストをあげてみます。写真左は一般的なスピーカーで多くのメーカーが採用しているバスレフ型スピーカーの内部構造,写真右がバックロードホーン型スピーカーの内部のイラストです。

 

スピーカーユニットは前からも後ろからも音が出ますが、スピーカーユニットの背面(ボックス側)から出た低音をどちらの形式も利用します。

 

バスレフ型エンクロージャーは低音の狭い帯域を持ち上げますが、バックロードホーン型エンクロージャーは低音から中低音のより広い帯域を大きく持ち上げることができます。

 

そのためアンプの能率を高くとることができない真空管アンプの時代には、単純に能率をかせぐ(=大きな音を出す)ためだけにバックロードホーンエンクロージャーは用いられてきました。真空管アンプからICのアンプに変わりアンプのパワーは飛躍的に大きくなりました。そのためスピーカーは振動板の重い低能率タイプをアンプの力でドライブして低音を出すスピーカーが主流になりました。

 

↑↑バックロードホーン専用の軽量振動板、マグネットが強力なオーバーダンピングユニット(Σ、Super、Solなど)

 

バックロードホーン型スピーカーはその製造工程の複雑さと、設計の難しさから大手メーカーが作るバックロードホーンスピーカーはほとんどなくなってしまいましたが、

フルレンジ1発のバックロードホーンスピーカーは、マルチウエイやバスレフにはない多くのメリットがあり、自作オーディオファンを中心に脈々と利用され続けています。そのバックロードホーンスピーカーのメリットを紹介したいと思います。

 

バックロードホーンのメリット

バックロードホーン型スピーカーのメリット1(音場感・定位感が良い)

弊社で販売しているバックロードホーン型スピーカーはフルレンジ1発のスピーカーを使います。 バックロードホーン型エンクロージャーは低音を持ち上げる力が強いので、ウーファーを使わない前提の設計をします。

人間の耳に敏感な中域より上の帯域は全てフルレンジユニット1つから全ての音がでますので、点音源に近いスピーカーに必然的になります。

200~300Hzあたりから下の低音だけはホーンを介してでますが、指向性の強い中域より上は全て1点からでますのでそれは音場感の良さ、定位感の良さにつながります。

一般的な2way、3way型スピーカーの場合は中域にクロスを置かざるを得ないので音がウーファーとツィーターの両方からでますが、それは定位の悪化につながります。

バックロードホーン型スピーカーのメリット2(音の鮮度が高い)

マルチウエイ型のスピーカーは帯域を分割するためにLCR(コイル、コンデンサー、抵抗)と呼ばれるデバイディングネットワークが必要になります。これらは全て抵抗成分ですので音の鮮度を下げます。

 

一方フルレンジスピーカーだけで構成されるバックロードホーンスピーカーは帯域の分割が必要ありませんので、スピーカーユニットとアンプを直結してつなぐ(スルー接続)ことができます。抵抗成分がないので、音の鮮度は高いままです

 

マルチウエイ型スピーカーは各ユニットのレベル調整をデバイディングネットワークが行うことでベストな状態にもってゆきます。

 

 

フルレンジ1発のバックロードホーンの場合はフルレンジユニットの素の実力と、バックロードホーンエンクロージャーの箱の力の2点だけで音が決まります。ネットワークでの音量調整ができない分、高度のスピーカーユニットの選択眼と箱の設計についてノウハウが必要になります。

バックロードホーン型スピーカーのメリット3(高能率)

アンプの出力が弱い真空管アンプが主流の時代はホーンにより能率を少しでもかせぐことができたためにバックロードホーンを利用することがありました。高能率というメリットはアンプの力が大きくなった現在でも生きています。能率の高いスピーカーは鳴りっぷりがよく、元気な音が楽しめます。

バックロードホーン型スピーカーのメリット4(小音量再生時の優位性)

音工房Zのバックロードホーンは細かい音の再現に強い、低音量の再生に強いというメリットがあります。

FOSTEXのFEシリーズ限定販売ユニットはマグネットが強力で振動板がよく動くタイプのものを利用しますが小音量時の解像度が特に高いです。バックロードエンクロージャーの背圧の影響が少ないことも一因かと思います。

現在市販されている低能率型のマルチウエイスピーカーと比較するとその優位がよく分かります。小音量でも輪郭が「ぼやける」ことなく「鮮明」な音が楽しめます。

バックロードホーン型スピーカーのメリット5(音離れの良さ)

 特にFOSTEXのオーバーダンピングユニットを使ったバックロードホーンの音は大口径のウーファーを使った低音と違って音離れが良いと言われています。これは振動板に重さのあるウーファーの音とホーンロードのかかった音の違いです。 ドシンとくる低音なのにスピーカーにまとわりついた感じではなく音が前に前にでてきます。

バックロードホーン型スピーカーのメリット6(ローエンドを伸ばせる)

ローエンド部分の量感については同一口径のスピーカーユニットを使った場合、バスレフより低い帯域まで再生することができます。箱やユニットにもよりますがバスレフのローエンドは急降下します。

徹底的に作り込んだ設計

音工房Zのバックロードホーンはこれまでに設計を繰り返してきた多くの経験、ユーザー様のお声、スピーカーユニットごとに徹底的な試作の作り込みによるテスト&エラーの繰り返しにより仕様を最終決定します。これは1台のバックロードホーンが出来上がるまでの代表的な工程を御紹介します。

(1)ユニットのエージング・素性確認

(2)過去に製作した箱にユニットを入れてどのような箱を作るか方針を決定
市販品とのブラインドテスト比較を行う。

(3)パーチクルボードやMDFで試作箱の作り込み

(4)開口部分のダクト調整、空気室の容積調整

(5)音道の微調整・ 無響室での測定

(6)ベニヤの種類を変えての本試作・聴感により仕様を決定

音工房Zのバックロードホーンの欠点をどうやって克服しているか

バックロードホーンのメリットを中心に書いてきましたが
「バックロードホーン」にデメリットはないのでしょうか?

バックロードホーンには実はメリットと同じくらいデメリットも存在します。音工房Zではこれまでの設計ノウハウや販売経験、設計段階で徹底的にテスト&エラーからデメリットを克服できるよう努力してきました。

バックロードホーンはユニット選定と箱の設計が全てです。
箱の内部構造によって全く違う音に変わってしまいます。

弊社の商品が多くのユーザー様にご支持いただけたのも長岡鉄男先生が築き上げてこられたバックロードホーンシステムに絶え間なく改善を行ってきたからだと自負しております。

■低音が出ない・中音が膨らみすぎる

バックロードホーンのエンクロージャーの不満の第一は「適切な量感の低域がでないこと」「中域が膨らみすぎてしまうこと」です。音工房Zのバックロードホーンはこの課題に真正面から取り組んできました。ホーンカーブの改善、最終開口部分の桟による絞込み、内部吸音材の調整等をスピーカーユニットごとに行い適切でバランスのよい低音をお楽しみいただけます。

■低域の遅れについて

スピーカーユニットの前面からでる距離と、背面の迷路を通ってでる距離が違うので低音だけが遅れて聞こえるのではないか?というのはバックロードホーンエンクロージャーの欠点としてよく言われます。しかし、軽量振動板のフルレンジの鋭い立ち上がりと、重量級のウーファーの遅い立ち上がりで比較すると、バックロードホーンが必ず低音が遅れて聞こえるということはありません。

バックロードホーン箱の設計で中域に大きなピークがあるとどうしても遅れ感として認識されてしまう場合はあります。ここは箱の設計で回避が可能です。

■ボーボーいうパイプ共鳴音について

スワンに代表される長岡鉄男先生のバックロードホーンの箱でも視聴環境によってこのパイプ共鳴音は気になる場合がありました。これは低音がこもりやすい環境で、大音量で利用される場合に特に気になるところです。このパイプ共鳴音はバックロードホーンだから必ず起こるものではなく主に中域帯域の膨らみによって起こるもので箱の設計で量をうまく調整できると考えています。 ここは設計の最難関なところで、適当に作ると「スカスカ」もしくわ「ボーボー」のどちらかになりやすいところです。

この中域帯域はスピーカーにとっても必要なものなので単純にゼロにしてしまえばよいわけではないです。音工房Zのバックロードホーンはスピーカーのホーン開口部分の開き具合を調整する方法を取り入れてソースや試聴環境に左右されない設計を目指しています。

■部屋やセッティングの相性の難しさについて

バックロードホーンの周波数特性はバスレフ・密閉型に比べるとフラットにならずに特定の帯域に凸凹がでてしまうのは避けられません。そのためセッテイング位置の影響で低音のある帯域が大きく膨らんで聞こえたり、ある帯域は量感が非常に少なく聞こえてしまうことがあります。

これはスピーカーのセッティング位置を変えたり、リスナーの位置を変えたりする必要がありノウハウが多少必要になります。音工房Zのスピーカーをご購入いただいたユーザー様にはメールでご質問を私にぶつけていただければ、問題が解決されるまでお手伝いさせていただきます。

■キット商品の製作の難しさについて

バックロードホーンは製作が難しくて大変というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、弊社のバックロードホーンキットは全て初心者の方でも簡単に製作できるように「高精度のベニヤカット」「分かりやすい取説」「組み立ての詳細を書いたPDFレポート」「動画セミナー」「同時購入による割引動画やクランプ」をご用意し初めて製作される方を力強くバックアップします。

■音工房Zのバックロードホーンを御利用いただいているユーザー様のお声

バックロードホーンキット・完成品は累計で1831セット(2018年2月現在)販売させていただきました。たくさんのレビューを頂戴したなかのほんの一部を御紹介させていただきます。

Z700-FE108EΣを御利用いただいている藤井 徹  様

「バックロードホーンは初めてでしたが、もう他のタイプには戻れないのでは・・・・そんな感じですね。」

 

完成までには毎日少しずつ時間をかけ20日間ほどかかりました。
でもその期間はひさしぶりにとても楽しい日々を過ごさせてもらうことが出来ました。

購入前は、「組み立てするのにハタガネは持っていないし、電動工具も持っていないのできっとうまくいかないだろな。」と思い購入を躊躇していたのですが、大山様からのメルマガ、商品紹介ページを読むにつれ欲しい気持ちがマックスになり「ポチ」っと購入してしまいました。

また商品だけでなく、ホームページの構成、メルマガ、サポートページ等も、かなり勉強されていますね。私は社内でホームページを扱う部門の責任者もやっています。そんなこともありこのホームページのつくりのうまさにも感心したわけです。

さて商品到着後、仮組をしてみました。部品を置いていくだけなのにすごい精度で組み上がるんです。 これに感動して、どうしようかと思っていた道具類一式を結局購入。

電動ドリル、電動サンダー、スコヤ、ハタガネL600x12本、クランプL300x2本・L150x2本、紙ヤスリ他 何だかんだと大人買いでした。

組立ては、わかりやすいWEBサポートの説明ページと、サポート動画をしっかりみて作成すればおもしろいように組み上がります。又、道具もしっかりそろえたのでうまくいかないわけが無いですね。

サンダーをかけるとつるつるになり目地払いも完璧。塗装も無しで素地仕上げのままで全然OK。

かなりの高精度のできあがりに自分でも大満足です。

音質については大山様からメールをいただいた通り、完成直後は、「えっ、なんだこれー」と思うぐらい音が固く、突っ張ったような感じでした。 でも数時間ならすと徐々に柔らかくなり、2週間ぐらい鳴らし続けるとエージングが進みまったく別物の音になります。自分が想像していたよりはるかに綺麗に鳴り出してくれました。

言い尽くされた表現ですが、低音から高音まで全体的に迫力のあるサウンドです。圧倒的な切れの良いスピード感ある低音と、中高音のアタック感を堪能することが出来ます。

そして小音量であってもしっかり低音がでてきます。重低音ではないのですが、とても気持ちの良い鳴り方をします。そして中高音がホーン開口部から出てくる音とかぶらず気持ちよいです。それは、説明書に記載されている試行錯誤を繰り返した吸音材の入れ場所と量も適切なのでしょう。

今回は、スピーカースタンドも同時に購入しました。きっと次回の発売まで2ヶ月待てないと思ったからですが、大正解。専用設計ですのでなにより見た目もばっちりです。

バックロードホーンは初めてでしたが、もう他のタイプには戻れないのでは・・・・そんな感じですね。

私は、もっぱらPCオーディオ専門です。この利便性をフルに活用してたくさんの曲目を聞きまくっています。スピーカーが増えたことにより、新鮮な気持ちで聞き慣れた音楽を再生できますのでしばらく部屋に閉じこもりそうです。

嫁さんとまだ小さな息子と一緒にオーディオの世界をこれからも楽しみたいと思います。

Z701-ModenaBHBSmini(V1)を御利用いただいているマイト様

「市販品の10万超えのスピーカーと比べてもいい勝負をする、ものによっては超えているとさえ思えます。」

※スピーカーユニットは弊社のアドバイスによりお客様が置換されております。

Z701BHBSのエージングがほぼ 終わりましたので、レビューしたいと思います。

音源は、プレーヤーがSONYのHAP-Z1ES、アンプがOctaveの 真空管プリメインV70SEです。

まず、2つの点で驚きました。恐ろしいくらい正確な板材カットのおかげで実に組みやすかった です。組む時間が短くてすみましたので、一気に突き板も張ってしまいました。ローズの突き板を張り、つや消しウレタンニスにて塗装し ました。突き板張りセミナーも大変有効で、初めての体験でしたが、そこそこ上手く貼れました。

このカットならば、初心者の方でも誰でも組めると思います。

そして、もう一つの驚きは、8センチ フルレンジとは思えない音です。

文章で書くのは難しいですが、低音から高音まで、全く澱みなくあふれてくる鮮度の高い 音。。。という感じでしょうか。それと特筆すべきなのは得手不得手があまりありません。どんなジャンルの曲でも、そこそこ鳴らしきっ てしまいます。

これが音工房Zのエントリー機?だと いうのが信じ難いです。市販品の10万超えのスピーカーと比べてもいい勝負をする、ものによっては超えているとさえ思えます。

今まで、密閉、バスレフ、バックロードと、自分の設計で作成してきましたが、アホらしくなりました(笑)。残念ながら、そう思うしかないほどの完成度の差があります。どうやれば、こんなすごい設計ができるのか?教えてほしいほどです。

あまりの音の良さから、この箱はもっとポテンシャルがあると感じ、欲が出てユニットをAlpair6Pに換装しました。トリマーで穴を拡大し、座繰りしてフレームを埋め込 みました。

思った通り、音は数段Upしました。 特に低音の伸びがすごいです。高音の差は僅差であり、好みの領域かと思いますが、伸びと解像度はAlpairの方がいい感じです。もちろん、ユニットの値段が結構なお値段なので当然 なのでしょうが。見た目はフレームが大きく箱とのバランスが良い感じがすることと、コーンの色合いが突き板と合うので、Alpairの方が好みでしょうか。

ネットワークが入っているマルチWayを 聞くことが多いので、フルレンジ一発の鮮度の高さは素晴らしいです。今までは、それは知りながらも、レンジの狭さや得意なカテゴリー が偏ることから、どうしてもマルチを聞くようになっていました。しかし、このスピーカーはそれを見事に両立しています。出来の良い箱 と出来の良いユニットが合わさると、マルチは不要なのかもしれないと感じています。

元のユニットは、PC用に小さな箱に 入れて使うことにしました。これも結構、いい音でなっております。一気に二カ所の音が大幅に改善されました。良い商品をありがとうご ざいました。

 

 

Z701-ModenaBHBSminiを御利用いただいている 堀 暢雄 様

「低域はバックロードホーンの威力を思い知らされました。」

 

小生55歳になる自作初心者です。製作前は多少の不安もありましたが、何度も工程を確認しながら、土日でコツコツと1か月かけて製作しました。


出来ばえにも満足し、こんなに夢中に取り組んだのは何十年ぶりかと、楽しい時間を過ごしました。さて肝心の音質ですが、とにかくびっくりです。 一言で言えば音が生々しいのです。クラシック、ジャズを中心に幅広く聴きますが、まず驚いたのはホールのライブな音空間を見事に再現することです。


クラシックは臨場感が素晴らしく、こもった感じが全くしません。これが大山様のおっしゃっていた、フルレンジ一本での音の鮮度の違いという事でしょうか。 コンサートから帰って、同じ曲をかなりの音量で聴いても、ホールの臨場感を味わえずモヤモヤしていたのが、このスピーカーで一掃されました。

今まで使っていたB&W685はCPの高い良いスピーカーだと思っていましたが、Z701の鮮烈な音と比べると、かなり音がこもって聴こえていた事に気づかされました。もう685を聴く気になれません。

音の透明感とそれに伴う音場空間の再現は素晴らしく、アコースティックな音源は本当に生々しい音に感じます。 小口径なのでスピーカーの存在を忘れて音に包まれ、本当にこれが鳴っているのかと、友人に驚愕されました。 フルオーケストラも難なく再生、音圧もけっこう感じます。定位はバッチリで、オケの楽器の位置もはっきり分かります。


ボーカルは目の前で歌っているようで、床にポン置きでも、ソフィー・ミルマンやダイアナ・クラールが我が家のリビングで歌っているようです。 伸びやかな中高域の素晴らしいユニットですね。そして低域はバックロードホーンの威力を思い知らされました。


専用スタンドキットも即註文し、到着が楽しみです。セッティングを詰めていけば、コンサートホールの特等席が約束されたものと期待しています。想像するだけでワクワクです。
この値段でとてつもないシロモノを手に入れたと喜んでいます。
大山様の設計に脱帽。
良い商品を提供してくださって、ありがとうございます。
音工房ZのHPに出会えてよかった!

 

Z700-FE108EΣを御利用していただいている 今立宏之  様

「10cm一発でこれ程までに低音が出るとは思っていませんでした。もちろん、中高音も十分です。」

 

購入してから約半年とやや遅くなりましたが、感想です。

Z-700-FE108EΣを購入して大満足です。10cm一発でこれ程までに低音が出るとは思っていませんでした。もちろん、中高音も十分です。洋楽POPS女性ヴォーカルが好みなのですが、このスピーカーだとクラシックが聴きたくなります。これまで使用していたDIATONE DS-77Zは殆ど使わなくなりました。自作は初めてで多少戸惑う面もありましたが、図面や動画を参考に組立、塗装までそこそこうまくできたと思います。精度良くカット済みなので初心者でも日曜大工や工作が好きな人ならワクワクしながらプラモデル感覚で作れると思います。FE-103EΣのコーン紙が白なのでクリヤラッカー塗装だときれいな木目も出て、いい雰囲気です。 次も何か良いモデルがあればトライしたいと思います。

実は弟が長岡鉄男氏の本を見ながら自作しているので自分もいつかはやりたいと思っていたのです。しかし、自分で板からノコギリで切り出して、というのはとても上手くできそうにないなあと半分諦めていたところ、音工房Zを知りました。Z-700-FE103EΣの初回販売の時は購入しようか迷っているうちに完売・・・。今回も、全く自作は初心者だけど大丈夫か?本当に良い音が出るんだろうか(弟作成の16cmバックロードホーンは大きいくせにちっとも低音が出ていない!と感じていたので)?と迷いましたが、これを逃すとまた完売で購入できなくなってしまう!と意を決して注文しました。10cmユニットで箱も弟の16cmバックロードホーンより小さいですが、断然こちらの方がいい音が出ます。

鉄筋6畳の狭い部屋でごちゃごちゃしていてリスニング環境としては最悪かもしれません。 改善して欲しい点 : デザイン的にはホーン部分が階段状になっているので斜めの平面(あるいは曲面)になっていた方が私としては好みです。
先日配布のあったスピーカー取付穴のテンプレートのように側板に音道を取り付ける時の位置合わせの為の型紙のようなものがあると組み立てやすいと思います。

 

Z1000-FE103Solを御利用いただいている林 康樹様


「鬼です・恐ろしいバランスで製造されています。
まさにZマジックです。」

 

 

段ボールが2重に梱包され非常に丁重に扱われていました。
[製作・塗装] 高級家具の様に美しい出来映えで、インテリアとしても気を遣われているのだなと思いました。

[音の印象] 泣かせてくれます。(本当に涙が流れています)音がピュアーでスピードが速い 低音はしっかりと出ています。高音はここまで一発で出るかと思わせる程、きらめいています。 「目隠しをされて3WAYスピーカーでござい」と言われても分かりません。 でも、ピュアーさは、隠しようがありません。 鬼です・恐ろしいバランスで製造されています。まさにZマジックです。

[普段使っているスピーカーと比べると]
Z800-W130RD
メインの座を奪われてしまいました。

[コストパフォーマンス]
安い、お買い得です。
桁外れの金額でだましていませんか? と疑いたくなる高級オーディオの世界 立派に対等出来る商品です。
改善して欲しい点 : 営業がんばれ! 営業頑張って下さい。
こんな、世界に通用する素晴らしいスピーカーです。
もっと、うって、売って、売りまくって下さい。

大規模展開で失敗した企業はたくさんありましたね。
危険な発言でしたね。

Z1000-FE108Solを御利用のTG様

「これほど、世にある優秀なスピーカーですら難しい、すごい音が小さなスピーカーから生まれることを感動しています。」

昨日は、大変お世話になりました。

試聴会では、Z1000-FE108Solの素晴らしい音響効果を体験させていただきました。
これほど、世にある優秀なスピーカーですら難しい、すごい音が小さなスピーカーから生まれることを感動しています。

スワン、B&Wそれぞれに良さと弱さがあることもよくわかりました。
そして、Z1000-FE108Solがその中でも、特にリアルな再現性をもち、端切れのある超低音域の空気振動感と言い、あたかも実物のウッドベースの弦が震えている感じまで、まるで目の前にあるかのようでした。


これは、このクラスで聴けるとは本当に信じられないことでした。目も耳も同時に驚愕です。とくに、チャイコフスキーの1812年序曲での大砲の響きは、相当のワイドレンジでないと実際の爆発音の再現性が難しいにもかかわらず、あの小さなスピーカーで、バックロード・バスレフの巧みな設計で、ものの見事にリアルに出ていたと思います。
今年の4月に北海道の、知人宅で真空管アンプで聴いたパラゴンの音と比べましたが、Z1000-108Solはそれに匹敵するか、それ以上の気がしました。

音工房Zさんのデザイン能力の優秀さや追求精神道に憧れています。
そして、大山社長さんのお人柄にふれて、なるほどよくわかりました。
さて、私もなんとか予算を作り、購入したいと考えています。

Z700-FE108Solを御利用いただいている 竹井 裕二様

「この試聴会のレビューは提出していませんが、正直言ってビックリして書けなかったです。」

40年間スピーカーを自作してきた者です。 長岡式FE103バックロードホーンが好きで、これまでいくつも製作してきたものの、ガラクタがどんどん積み上げられて居住空間が破綻する毎に作品は処分されました。2002年にFE16**Σ(もうなんだったかわからない)のバックロードホーンにしてから、もう新たに製作することもなくなり落ち着いていたのですが、いつか10cmに回帰したいと想っていました。
2010年にZ700-FE108EΣに出会った時に「これだ!」と確信しZ700を人生最後のスピーカーにしようとしたのですが、あまりに過激な高音域と部屋でガラリと変わる特性を補うチューニングには苦労しています。
その後、音工房Zの8cmバスレフ、Modenaダブルバスレフ、Z701-FE103Sol BHBSを買い求めて使用していますが、どれもフルレンジらしく清楚で聴き疲れもせず扱いやすく家庭で使用するのに十分で、これ以上のものは必要なかろうという印象です。

それでも10cmフルレンジのトールボーイは自分の理想形なので、Z1000-FE108Solが発表された際に試聴会に参加させていただきました。この試聴会のレビューは提出していませんが、正直言ってビックリして書けなかったです。
10cmに求めるにはあまりに広帯域、広Dレンジ、大音量で輸入品の超高級マルチシステムと比較され、かなり多くのスペックでそれを上回るのですから音楽を楽しむというよりも上海雑技団のサーカスを見ているようでした。それで「これは自分の音ではないな。」と判断しました。

今回のZ700-FE108SOLはスーパースワンのような鳴らし方もできるとのことで、1/19に試聴させていただいたところ確かにそのようです。自分で組み立てられるのでそれだけいろいろ手を加えられますし、いつか使おうと思って15年前に購入し死蔵していたFE108Super も取り付けられそうです。 おおよそこれから先のオーディオライフで次に向かうところはここしかなく、手に入れるといろいろとチューニングの悩みが増えそうです。
私の目指す音場再生は大音量に耐えて音が前に出て来るようなものではなく、スピーカーの奥に音場が展開し、消え入るような音量(8時)でも破綻せず幽玄な世界に浸れるところです。

■現在音工房Zで販売しているバックロードホーンのラインナップ

■Z700-FE88Sol (限定生産)

■詳細ページ
販売ページ(キット)
販売ページ(完成品)

販売終了しました

■Z701-Modena

■詳細ページ
販売ページ(キット)
7/1までユーザー様・メルマガ読者様を対象に早期割引販売を行っています。

ここから先は現在受付をしているZ701-Modenaについてです。

■Z701-Modena(V3) 特徴

2015年から販売をさせていただいております、弊社のロングセラーバックロードホーンキットZ701-ModenaBHBSminiがこのたび仕様を一新して生まれ変わりました。初代から評判の高かった低域再生能力をさらに磨きをかけまして、名称をZ701-Modenaと変更いたしました。

前バージョンからの主な変更点
○デザイン変更
○パーチクルボード15mmからフィンランドバーチベニヤ12mmに変更
○寸法の微少変更、低域再生能力アップのための音道最適化
○ホゾ&一部ダボのプレ加工追加
○サブバフルの廃止、ユニット変更オプションの廃止

 

■音工房ZのオリジナルフルレンジドライバーZ-Modena専用箱■

8センチ口径ユニットの銘器、弊社でこれまでに1000セット以上販売実績のあるZ-Modenaというフルレンジ型スピーカーユニットに合わせたスピーカーシステムです。Z601-Modena,Z600-Modena,Z701-modenaと3機種のスピーカーに採用してきた実績は折り紙付きの高音質フルレンジドライバーです。

 

■BHBS型エンクロージャーを採用

ブログハインド自作スピーカー石田氏考案のBHBS形式をベースに音工房Zのオリジナルの味付けをしたエンクロージャーです。バックロードホーン(BH)とバスレフ(BS)の良いところ取りをしたエンクロージャーは8センチ1発とは思えないローエンド再生が可能です。

初代から多くのユーザー様に御利用いただきお客様のお声や、試聴会でのお声を商品に反映させることで音道をミリ単位で改訂を加え続けてきました。完熟の域に達したエンクロージャーです。

初代と2代目(突板はり仕上げ)

       

↑が今回のV3の写真

 

■12mm厚フィンランドバーチベニヤ(バフル,地板は15mm)を初採用

音工房Zの高級スピーカーに採用している優れた響きをもつフィンランドバーチベニヤを全面に採用しました。内部の設計を見直すことで先代のモデルより中低域の量感をアップさせました。

 

 

■バフルへの45度の面取り加工

バフルによる回折効果を減らしリアルな音場感を再生します。バフルには予め45度の面取り加工をしています。

 

 

■内部音道への斜めホゾ切りをプレ加工、部分的ダボ加工

空気室・内部の音道は直線ではなく斜めに仕切ることで、箱の容積を能率的に使い切り、さらに癖の少ない低音を実現しました。斜めの板配置は接着が難しくならないように、角度切り加工したホゾにより製作を容易にしました。

 

またスピーカー側板、天地板の一部の製作難易度が高い部分はダボ加工をしましたので初心者でも容易に製作が可能です。(※全ての部材へはダボ加工を行っていません)

 

 

■背面付属の桟によって低域から中域の量感を3段階調整可能■

中低音調整用の桟を標準で4本(左右2本づつ)セット。
3段階のポート開口面積により、低音の量感を調整できます。(材質はMDFです)

 

他にも細かな心遣いが満載なキットです

○バナナプラグ対応ターミナル付属
○ケーブルには金メッキファストンを圧着していますのでハンダ作業は不要
○吸音材(フェルト)も付属いたします
○空気室の吸音材の量を調整することで高域の量をわずかに変更できます
○音道幅±0.2mmまで保証の高精度カット
○内部配線に高品位OFCスピーカーケーブルを標準付属 
○スピーカー底板に耐震用の鬼目ナット取り付け用の穴を加工済み
弊社製Z102スタンド使用時に使用可能
○スピーカーユニットの取り付けにも鬼目ナットの下穴を加工済みです。
○埼玉県の自社工場で全ての加工を行っております。

 

 

■Z701-Modena(V3) 購入特典

 




大山へ直接メールによる相談することができます。
スピーカーの制作、塗装、音出し、セッティング等で
迷われたことがありましたらメールでご質問ください。
2営業日以内のご返信を心がけています。
(購入時メールサポート”希望する”をチェックしてください)

 



音工房Zの商品を購入したいただいたお客様だけが受け取ることができる”サポートメルマガ”を定期的に受け取ることができます。
サポートメルマガでは新商品の割引案内や、通常メルマガには書かない超レアな木工動画、塗装動画、オーディオ動画を配信予定です。

過去のものは全て閲覧することが可能です。配信は月1程度で内容は変更になる場合があります
(購入時メールサポート”希望する”をチェックしてください)



Zユーザー様は過去配信のサポートメールの重要な部分を
まとめた「サポートページ」にアクセスできます。
↓↓は過去配信の一覧です。
(■は動画●はPDF及びHTMLです)

■2000円で自作クランプ10本を作る方法
■ゴム系接着材と白いボンドの違い
■綺麗に小口テープを貼る方法
■オーディオケーブルを苦労せず、かつ綺麗に被膜をむく道具
■ファストン端子を専用道具を使って正しく圧着する方法)
■板と板を100%直角に接着する極意
■側板接着時に仮止め釘を利用してプロ級の 仕上がりを実現する方法
■クランプを買えない人必見!!100円ショップでも売っ ている◯◯を使って強力接着する方法
■8センチ~16センチ用ユニット位置決め用テンプレート
■ビス留め後にダボ穴を埋めて綺麗に見せる方法(前半)
■ビス留め後にダボ穴を埋めて綺麗に見せる方法(後半)
■トリマーを使ってはみだした凸凹をいっきに平にする方法
■板を滑らずに真平らに接着する!! 驚異の大山式3ステップ接着法
■短いクランプを長くするウルトラテク、他木工小ネタ3連発
●2011年から配信している音工房Zのメルマガの過去ログを全て閲覧可能
●鬼目・爪付きナットを利用するときに便利なユニット穴あけテンプレート
●オーディオマニア向け!!CDの傷を治して音飛びを治す方法
●2013年ステレオ誌スキャンスピークスを使ったバックロードホーン図面
●ユーザー様が閲覧できる豊富なFAQ

        

(サービス希望 の方は申し込みページの”サポートメール希望する”
にチェックを必ず いれてください。)

 

 

 

 

スピーカー自作初心者でも安心して組めるように、写真入りの詳しい組み立て方法を書いた「製作レポート」と、付属の桟や、吸音材の効果など、細かい使いこなしまでを徹底サポートする「使いこなしレポート」が購入者特典ページからダウンロードできます。

 

 

 

現在6,980円で販売している木工塗装の動画セミナーZ200を特典として 無料でプレゼントいたします。(キットのみの特典です)
Z200シリーズについて詳しくはこちらをごらんください。

 

※キットのみの同時購入割引による特典です

現在6980円で販売している木工塗装動画セミナーZ201を本キットとの同時購入に限り+1980円でご提供いたします。(キットのみの特典です)
Z200シリーズについて詳しくはこちらをごらんください。

写真はイメージです。DVDではありませんのでご注意ください。お客様のPC、スマートフォン等で動画をストリーミング試聴していただく商品です。

 

 

※キットのみの同時購入割引による特典です

現在7,980円で販売している木工塗装動画セミナーZ202を本キットとの同時購入に限り+1,980円でご提供いたします。
Z200シリーズについて詳しくはこちらをごらんください。
<商品発送完了時のメールで動画閲覧先URLとパスをお知らせします>

写真はイメージです。DVDではありませんのでご注意ください。お客様のPC、スマートフォン等で動画をストリーミング試聴していただく商品です。

 

 

※本商品を購入してくれた方だけが購入できる突板を綺麗に貼るための動画セミナーです。キットに+1,980円でご提供いたします。

お客様のPC、スマートフォン等で動画をストリーミング試聴していただく商品です。突板自体やボンドはお客様でご用意をお願いいたします。(オススメの突板屋さんやボンドは別途お伝えいたします。)

 

※同時購入割引による特典です

スピーカーを組む時にあると完全接着が可能なZのオリジナルクランプZ203定価4,980円(送料1200円)のところを本商品との同時購入に限り2,980円(送料0円)でご提供!!

音工房Z特製Z203クランプを特別価格で提供します。

クランプと全ねじ・ナット・ワッシャーのセットになっております。

 

 

■Z701-Modenaを御利用いただいている方のお声

 

現行Z701-Modenaの前バージョン、Z701-ModenaBHBSminiV1、V2を御利用いただいている方のお声です。 商品評価は御利用者様の主観的なご感想ですので、全ての人が同じように感じるとは限りません。

ブログKO球の耳を運営されているko球さんに聞いてもらいました。

「箱のサイズを考えればFレンジは十分に広く、 Hotel California の低音も、量感豊かで雰囲気がよく出ていました。」

 

音工房Zの大山さんが新作(まだ試作段階)を引っさげて来てくれました!

大山さんの凄いところは、自ら設計製作したスピーカーを、様々な部屋に持ち込んで、実践的なデータを取り、そして調整の材料とすることです。 私のこの部屋は、木造住宅の小部屋の実験室と、位置付けていいと思います。

現段階では試作ということもあり、詳細は省かせていただきますが、音は8割がた出来上がっていると感じました。

すでに音工房Zから発売済みの小型作品同様に、中域から低域にかけての質感を上手くつなげています。流石、大山さんは小口径ユニットの使い方を熟知しています。

音に厚みがあるので安定感があり、さらに小口径のレスポンスの良さが加わるので、ジャンルを問わず音楽が楽しめました。

高域は現段階ではユニットの個性を尊重して、10Kh付近に華やかさを感じますが、これはツーイーターは必要ない音作りとも言えますかね。

箱のサイズを考えればFレンジは十分に広く、 Hotel California の低音も、量感豊かで雰囲気がよく出ていました。

この試作段階でも付帯音はまずまず抑えられているので、最終調整後が楽しみです。

今回の試作機が世に出るとすれば、低価格モデルの位置付けとなるそうですが、値段はまだ未定だそうです。Z601より大きいので、やっぱりチョイ高いんでしょうか??気になりますね。

今回も新作をいち早く聴かせていただき、ありがとうございました!

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

テイクファイブ様

「20センチクラスと間違えるような低域で音離れが良く小型スピーカーの傑作です。」

今回はパーチクルボードからパイン集成材に、さらに開口部を前側に無断変更してしまい申し訳ありません。


オリジナルとは若干音も異なるかもしれませんが、低域から高域域にかけて癖が少なく20センチクラスと間違えるような低域で音離れが良く小型スピーカーの傑作です。


無垢材は乾燥ひび割れの恐れがあるので乾燥が進んでから塗装予定です。

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

梶原 正章 様

「長時間聞いてもちっとも疲れない心地のよい音楽を聴いています。」

今回で3回目の製作です。

6/13から6日間で組立、6/14にツキ板米松板目Lシート、6/23アマゾンへ電動トリマー・ビットを発注。6/25-6/28ツキ板貼付、梅雨の晴れ間2日間でホームセンター購入のラッカーランディグシーラー、ラッカーニスで塗装しました。

初めてのツキ板使用で2回大山さんへメールしてアドバイス頂き7/1音出しができました。最初の音出しで低音が出なくて、よく見ると、前回同様にユニット取付けビスのバリ盛り上がりでバッフル板にユニットベースが密着してなかった。 猛反省。


Z601-Modenaに比較して高域から中域の切れの良さ加えて、奥行きのあり、おなかに響く重低音はさすが聞き応えがあります。長時間聞いてもちっとも疲れない心地のよい音楽を聴いています。

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

HT様

「サブウーファーは不要となりました」

お世話になっております。z701modena-BHBSmini 昨夜遅く、ようやく完成しました。


まだ慣らし視聴ですが、サブウーファーは不要となりました。オーディオはど素人、しかも使用している機材は、ビクターのウッドコーンスピーカーのミニコンポです。高級オーディオはあまり聴く機会がありませんが、自宅で日常的に聴くには十分満足する音が聞こえくれております。


少し狭くなってしまった音道は、壊さないと外せないような状態でしたので、せっかくアドバイスをいただきましたが、そのまま作ってしまいました。突き板を貼りましたが、アイロン接着中は完璧だと思いましたが、その後乾燥が進むに従い膨らみや下地処理のいい加減さが露出してしまい、自分の性格そのままのいい加減さです。初の製作ということで、そのあたりは自分で納得の範囲です。


しかし、本当に音は予想以上の低音の響きとボーカルのくっきり感があり、十分に満足しております。いずれまた、チャレンジしたくなる、そういう意欲を沸き立たせるものがありました。


製作を始めてから出来上がりまで、本当に充実した時間を持つことができました。これからがまた楽しみです。この度は本当にありがとうございました。

Z701-ModenaBHBSminiの前バージョンのご評価になります。

山本 健一 様

「どうして8センチのフルレンジが32センチのウーハーより厚みのある低音の響きがあるのか謎ですね」

初の本格的スピーカー制作になります。
じっくり時間かけて1週間程で作る予定でいましたが 早く聞いてみたいという思いから2日で作ってしまいましたもう少し作る楽しみを味わいたかったです(笑
意外と簡単なんですね。

仕上げは突き板貼るか色を塗るか迷いましたが素人だし色塗りが失敗しても上から突き板貼ればいいと思い黒く塗ってみました真鍮製のネジがアクセントになり結構気にいりました これで完成とします。

エージングとか よく分からないのですが 1週間程聴いた今では最初の音出しより音の分解能が上がった気がします。最初から良い音で鳴ってますよ。

隣のメインスピーカーであるダイアトーンと 音の出方は違いますが いい勝負ですね
古いですがコンデションバッチリです!


爆音で比較したらモデナの音は高音はよく出ていますが 若干柔らかく 湿り気があるというか疲れない音。ダイアトーンの方が硬いのかもしれません 明らかに違うのは低音の方でダイアトーンの方は ドスンとキレがあり内臓に直接くる感じですがモデナの方は ズンと厚みがあるからだが包み込まれるような音です。 逆の予想でいました(汗

どうして8センチのフルレンジが32センチのウーハーより厚みのある低音の響きがあるのか謎ですね。

そもそも2万5千円のスピーカーがその10倍の値段のスピーカーと同じ土俵で比較するのが間違いだと思うのですが(笑

音楽は どんなジャンルでも聴きます。主にネットからダウンロードしたハイレゾ音源ですがモデナとダイアトーンは 同じ位のクオリティで、音の出方がまるで違うので ジャンルにより切り替えて聴く楽しみができました車に例えるなら ダイアトーンは元気なツインカムエンジン。
モデナは トルクのあるターボエンジンというとこでしょうか(笑

因みに ポートには桟は2本とも挿して 出口を絞ってます。開放だと中低域の量感が増えます。バックロードらしい感じですが絞った方が好みですね~

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

堀 暢雄 様

「低域はバックロードホーンの威力を思い知らされました。」

小生55歳になる自作初心者です。製作前は多少の不安もありましたが、何度も工程を確認しながら、土日でコツコツと1か月かけて製作しました。


出来ばえにも満足し、こんなに夢中に取り組んだのは何十年ぶりかと、楽しい時間を過ごしました。さて肝心の音質ですが、とにかくびっくりです。 一言で言えば音が生々しいのです。クラシック、ジャズを中心に幅広く聴きますが、まず驚いたのはホールのライブな音空間を見事に再現することです。


クラシックは臨場感が素晴らしく、こもった感じが全くしません。これが大山様のおっしゃっていた、フルレンジ一本での音の鮮度の違いという事でしょうか。 コンサートから帰って、同じ曲をかなりの音量で聴いても、ホールの臨場感を味わえずモヤモヤしていたのが、このスピーカーで一掃されました。

今まで使っていたB&W685はCPの高い良いスピーカーだと思っていましたが、Z701の鮮烈な音と比べると、かなり音がこもって聴こえていた事に気づかされました。もう685を聴く気になれません。

音の透明感とそれに伴う音場空間の再現は素晴らしく、アコースティックな音源は本当に生々しい音に感じます。 小口径なのでスピーカーの存在を忘れて音に包まれ、本当にこれが鳴っているのかと、友人に驚愕されました。 フルオーケストラも難なく再生、音圧もけっこう感じます。定位はバッチリで、オケの楽器の位置もはっきり分かります。


ボーカルは目の前で歌っているようで、床にポン置きでも、ソフィー・ミルマンやダイアナ・クラールが我が家のリビングで歌っているようです。 伸びやかな中高域の素晴らしいユニットですね。そして低域はバックロードホーンの威力を思い知らされました。


専用スタンドキットも即註文し、到着が楽しみです。セッティングを詰めていけば、コンサートホールの特等席が約束されたものと期待しています。想像するだけでワクワクです。
この値段でとてつもないシロモノを手に入れたと喜んでいます。
大山様の設計に脱帽。
良い商品を提供してくださって、ありがとうございます。
音工房ZのHPに出会えてよかった!

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

内間 天馬 様

「英国の一流ミュージシャンが驚いたZ701 Modena-BHBS mini」

 リタイヤ爺様と大山氏の共通点は<上から目線がない>って事でしょう。お二人とも頂点と云っていいオーディオの専門家なのに、分からないことは分からないと素直におっしゃる。そんなお二人の素敵な人柄に惹かれ、僕のオーディオ熱が、この南スコットランドの田舎で、ン十年振りで再燃しちゃったんです。嬉しい事ですよね。
林あり森ありの広大な敷地に、外壁の厚さが40cmあるヴィクトリア時代の我が家、さらにお隣さんまで1キロと、大音量でもご近所迷惑のまったくない浮世離れした環境も、オーディオ熱再燃をあと押ししてくれました。でも、そこらにいる野ウサギちゃんやリス、鹿たちには迷惑かも…

 リタイア爺様のコメント<小音量でも情報量が多いのが良いスピーカー>。Z601がまさにそうです。この小さなスピーカーの緻密な音質に僕はかなり満足しています。が…
船便で届いた「Z701 Modena-BHBS mini」…塗装も含め半日で組上げました。Z601製作時、エメラルドグリーンの綺麗な絹のハギレでネットを自作したんだけど、女房の「私の絹のスカーフ知らない?」に一瞬ギクッ!だけど「知らないよ」と云っちゃった。で、今回のZ701のネットは、バスルームからブルーのゴシゴシタオルを失敬した。


じゃ、聴いてみましょう。ビル・エヴァンスの「タイム・リメンバード」。一曲目の長いソロ、戦場に赴く息子を思う母の気持ちを切々と訴える「ダニーボーイ(アイルランド民謡)」は心に沁みます。このアルバムの後半、LAでのライブは、拍手に奥行きを感じるしスネアやシンバルなど高域もリアル。


パブロレーベル「ベイシー・ビッグバンド」の二曲目「フレックルフェイス」、演奏が始まって3分55秒、ドラムス、ブラス、ホーン、つまりオーケストラ全体が強烈に炸裂する一瞬がある。その爆発をものともしないZ701の迫力に思わずのけぞってしまった。たった8cmなんてウソでしょう。Z701!君はスゴイ!


オーストラリアのジャネット・サイデルの「アート・オブ・ラウンジ」。特に6曲目「アット・サンダウン」がいい。アルトでほぼノンビブラート、微かにハスキーなジャネットの<かまとと>ヴォイスを、Z701はこの上なくほんわかと再生する。ジャネットも抱きしめたいけど、Z701!君も抱きしめまっせー。エッ?遠慮しとく?


高域で声が裏返る人は珍しくないけど、ヘイリー・ロレンは色んな音域で声が裏返るめずらしいシンガー。アルバム「They Oughta Write a Song」の「枯葉」など、声がしょっちゅう裏返る。Z701がその裏返る瞬間を見事に再生するたびにもだえちゃうボク…。女房が呆れて、「勝手にもだえてなさい。ええ歳こいて…」


エミリー・クレア・バローのアルバム「Like a Lover」とヘイリーの「Simply Love」、そのどちらにもある「On The Sunny Side of The Street」を比べてみる。健気なエミリーに対しやや色っぽいヘイリー。どちらもベースが大きくフューチュアされているけど、Z701の低域はこれで充分でしょう。


1957年と云えばステレオ録音の黎明期。ソニー・ロリンズの西海岸での名演「ウェイアウト・ウェスト」は、ステレオ最初期とは信じられない好録音です。倉庫を兼ねた簡易スタジオでの録音だとは信じられない。ロリンズがテナーを高々と持ち上げる動きがはっきり見える。そして当時の、ブリッジの高いベースを弾くレイ・ブラウンの強力な運指をZ701はストレスなく再生。この点、やはりZ601を凌駕してますね。
木野雅之がハンガリー交響楽団と共演した「ベートーベン・ヴァイオリンコンチェルト」は、演奏も録音も超一級。そのハイブリッド録音がゴールドディスクに選ばれたこのCD、英国のアマゾンで、なんと70ポンド(約1万2千円)の値が付いているのを見た。Z701は、東欧オーケストラの雄大さと、二十世紀の巨匠ルッジェーロ・リッチから譲り受けたという木野の名器の、なんとも艶やかで美しいサウンドを余すところなく再生する。「ロマンス」一番二番も出色の出来です。 

 
長年アムステルダムを拠点に演奏活動してきたチェンバロの家喜(いえき)美子は、常に世界最高のレストアラーが修復した歴史的名器で録音している。日本の技師によるエディンバラでの録音「バッハ・ゴルトベルク」を初めて聴いた時、歴史的名器が等身大でそこにある生々しい臨場感に驚いた。


半信半疑、大山氏の作品を見よう見まねで音響パネルを自作してみました。いい加減な作りなのに間違いなく効果あり。リタイヤ爺様を真似て左右のスピーカーの間に置いてみたところ、でっかいベースを弾きながら唄う、アルバム「思い出のパリ」のニッキ・パロットの、知的で甘く可愛い彼女の声が、すぐ目の前に生々しく出現した。さらに、ビル・エヴァンスのピアノがいっそう輝きを増したのにも驚いた。リタイヤ爺様の凄さに仰天しましたね。大山氏の本格音響パネルだと、その効果はもう絶大だと思う。音響パネルは必需品だと今は思ってます。「爺の喫茶室」で仏法の極意を簡明に説いてくださる実に有り難い爺様だけど、僕にとっては<神様、仏様、リタイヤ爺様>ですね。

 超大物ミュージシャンのバンドのキーボード奏者として世界ツアーに出ていた長女がロンドンからバンドメンバーを連れてきたのでZ701を聴かせた。ネットを外してユニットを見せると、一流ミュージシャンの彼ら、<信じられない!>を連発。<日本の技術はすごいやろ!>に全員深~く納得。大山氏とリタイヤ爺様は英国の一流ミュージシャンの頭を深く垂れさせたのでございます。このお二人には日本人として誇りを感じますね。


Z601製作時、<なんで鳥の巣箱を二つも作ってるの>と呆れていた女房も、Z701による、彼女の好きな「ホテルカルフォルニア」の迫力に仰天。でも、バスルームのゴシゴシタオルの行方不明の理由がばれてしまった。


リタイヤ爺様や大山氏のアドヴァイスは値千金です。お二人に対し、地球の裏側で謹んで頭を垂れています。素晴らしいサウンドをありがとう!感謝感謝です!
さあ、お楽しみはこれからや!ワインはシャルドネ…、オーイ!エイのヒレ持ってきてちょうだーい!マヨネーズと醤油もなー! あゝ、こんなしあわせって…♪…

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

マイト様

「市販品の10万超えのスピーカーと比べてもいい勝負をする、ものによっては超えているとさえ思えます。」

※スピーカーユニットは弊社のアドバイスによりお客様が置換されております。

Z701BHBSのエージングがほぼ 終わりましたので、レビューしたいと思います。

音源は、プレーヤーがSONYのHAP-Z1ES、アンプがOctaveの 真空管プリメインV70SEです。

まず、2つの点で驚きました。恐ろしいくらい正確な板材カットのおかげで実に組みやすかった です。組む時間が短くてすみましたので、一気に突き板も張ってしまいました。ローズの突き板を張り、つや消しウレタンニスにて塗装し ました。突き板張りセミナーも大変有効で、初めての体験でしたが、そこそこ上手く貼れました。

このカットならば、初心者の方でも誰でも組めると思います。

そして、もう一つの驚きは、8センチ フルレンジとは思えない音です。

文章で書くのは難しいですが、低音から高音まで、全く澱みなくあふれてくる鮮度の高い 音。。。という感じでしょうか。それと特筆すべきなのは得手不得手があまりありません。どんなジャンルの曲でも、そこそこ鳴らしきっ てしまいます。

これが音工房Zのエントリー機?だと いうのが信じ難いです。市販品の10万超えのスピーカーと比べてもいい勝負をする、ものによっては超えているとさえ思えます。

今まで、密閉、バスレフ、バックロードと、自分の設計で作成してきましたが、アホらしくなりました(笑)。残念ながら、そう思うしかないほどの完成度の差があります。どうやれば、こんなすごい設計ができるのか?教えてほしいほどです。

あまりの音の良さから、この箱はもっとポテンシャルがあると感じ、欲が出てユニットをAlpair6Pに換装しました。トリマーで穴を拡大し、座繰りしてフレームを埋め込 みました。

思った通り、音は数段Upしました。 特に低音の伸びがすごいです。高音の差は僅差であり、好みの領域かと思いますが、伸びと解像度はAlpairの方がいい感じです。もちろん、ユニットの値段が結構なお値段なので当然 なのでしょうが。見た目はフレームが大きく箱とのバランスが良い感じがすることと、コーンの色合いが突き板と合うので、Alpairの方が好みでしょうか。

ネットワークが入っているマルチWayを 聞くことが多いので、フルレンジ一発の鮮度の高さは素晴らしいです。今までは、それは知りながらも、レンジの狭さや得意なカテゴリー が偏ることから、どうしてもマルチを聞くようになっていました。しかし、このスピーカーはそれを見事に両立しています。出来の良い箱 と出来の良いユニットが合わさると、マルチは不要なのかもしれないと感じています。

元のユニットは、PC用に小さな箱に 入れて使うことにしました。これも結構、いい音でなっております。一気に二カ所の音が大幅に改善されました。良い商品をありがとうご ざいました。

Z701-Modenaの前バージョンのご評価になります。

 

■Z701-Modena(V3)  動画■

 

 

 

 

■Z701-Modena(V3)  仕様■

ユニット      Z-Modena    
周波数特性   50Hz~18kHz
定格入力    12W(最大瞬間25W)
インピーダンス  8Ω
寸法        幅178mm×高さ445mm×奥行き295mm(木材部分のみ)
重さ        片ch 約5.8Kg (ユニット・調整桟込み)
ターミナル    埋め込みタイプ(バナナプラグ対応)
内部配線    OFCケーブル
エンクロージャー形式 オリジナルバックロードホーン型(BHBS型)
エンクロージャー材  フィンランドーバーチベニヤ12,15mm

 

 

自作スピーカーは今までしたことが一度もありません。組み立てるのは難しいですか?

各パーツにダボ・ホゾプレ加工をしている為、初心者でも安心して組み立てられます。組み立ての詳細を書いたPDFレポート等もご用意いたしております。(ダボ加工は難易度が高い部分のみになります。)

 

スピーカーユニットなしでの販売は可能でしょうか?

過去にZ-mondeaシリーズのキットをご購入いただいた方は-4000円引きになります。ユニット不要の場合はショッピングカートの通信欄に「ユニット不要-4000円引き希望」とおかきください。

 

送料はいくらかかりますか?

全国一律1500円になります。(沖縄・離島は別途かかります。)

 

返品は可能ですか?
輸送中の事故、精度不良などは当方で対応させていただきます。
 以下のものは返品・交換・返金の対象になりません。

★板のそり、木口の色合いの違い、突き板の継ぎ目などがあること
★主観的な音に関わること   
★バーチベニヤには補修のパッチがある場合があります(写真1)。バーチベニヤの木口には節に当たる部分が焦げていたり、一部抜けていることがあります。(写真2)また木目方向に毛羽立ってしまう感じになる場合があります。(写真3)

 

 

■Z701-Modena(V3)